2018年5月17日木曜日

今後の予定( 2018.05.17)

今後の予定

◎鳥取夏至祭
 出演予定者発表しました。鳥取人はまだまだ募集しています。飛び入りも歓迎。みんなで遊びましょう。チラシは現在配布中です。
https://tottori-geshisai.jimdo.com









◎池田千夏ライブ@鳥取大学アートプラザ
来たいという人は受け入れる。関西ツアーのついでに来るということで急遽決まったライブ。ちなみにその日の午後はわらべ館でワークショップを行なっています。
池田さんは昨年ベースの水谷さんとお越しくださいました。水谷さんは今年は夏至祭に。少しずつ輪を広げています。
5月27日19時開場、19時半開演 学生500円、教職員・一般1000円


◎わらべ館即興音楽とダンスのワークショップシリーズスタートします。
夏至祭の時に踊るの楽しーと思った鳥取の皆さんに即興の面白さを定着させるべく2ヶ月に1度の即興音楽とダンスのワークショップシリーズを開始します。(助成:文化庁大学を活用した文化芸術推進事業)
夏至祭メンバーだった皆さんにもお越し頂き即興ワークショップを遊びつつ幅を広げていけるといいのではないかと。日程は以下の通り。
5月27日(日)13時半から
6月24日(日)→13時半〜夏至祭スペシャル
7月22日(日)午前
9月30日(日)午前
11月18日(日)
1月26日(土)
3月10日(日)


◎死者の書再読
お隣兵庫県にある城崎アートセンターで滞在制作を行います。9月15、16日には試演会も行う予定。鳥取県内では12月末を予定しています。情報公開になりました。

http://kiac.jp/jp/post/4448

鳥取を拠点に活動するダンサー/振付家の木野彩子による折口信夫「死者の書」再読プロジェクトの滞在制作。
折口信夫の口述文学の傑作小説「死者の書」における、2つの世界が交錯していく構造や、多用されるオノマトペをもとに各シーンの動きをつくり、折口の心の中の物語として再構成し、ダンス作品を創作する。2つの世界を象徴する存在として音楽家のやぶくみこ(ガムラン、パーカッション)、杵屋三七郎(江戸長唄、三味線)が参加し、この世とあの世、男性性と女性性が重なる瞬間を模索する。また、照明家の三浦あさ子との共同作業により、この世ではない世界の見せ方を探究する。滞在中、市民を招いたオープンスタジオで成果を発表する予定。滞在制作後は、鳥取県内での上演を計画している。



折口さん密かに明治神宮外苑は単なる公園運動施設ではなく、本質的に神宮の崇敬と深い関係を有するもので、宗教施設に他ならない」という主張をする助言を行っていたらしい。(明治神宮外苑70年誌)さすが国学院大学教授。(ちなみに国学院大学結構近くにあるのですが、そこの博物館には折口さんの書斎が再現されていたりします。)まさかのようですがこの2つのクリエーション全然毛色が違うのに実はつながっていて、ここのところずっとこの時代の本しか読んでいません。


◎「ダンスハ體育ナリ?」またやります!10月6、7日@ドイツ文化センター
実は大野一雄編(其の1)でという話が動いていたのですが、現在どのようにまとめようか、まとめないのか色々模索中。5月12日見に来た人には仮チラシお渡ししました。本気です。ダンサーで先生という木野経歴ならではのレクチャーパフォーマンス、いそうでいないと様々な方に言われています。おだてられたからではないですが、これはこれでもう少し掘ってみましょう。



◎鳥取銀河鉄道祭2019年11月に開催します。それに向けてのリサーチ・ワークショップ活動がスタートします。

◎Amanogawaプロジェクト鳥取2018年11月やりましょう。


0 件のコメント:

コメントを投稿