2017年12月31日日曜日

このブログをご覧になる皆様へ

Dance Potlatch ダンスのおくりもの
DVDを販売しています。(驚きの500円)収益金は踊るキノコ基金にまとめられ今後の活動へと生かします。
くわしくはこちらをご覧下さい。
ご希望の方はキノコチケットkinokoticket@gmail.com(@を英数字に直してください)まで。




20th sentiment ( Sapporo Biennale pre-event) film : Katsuya Ishida

このページはダンサー木野彩子の現在の活動をブログとして紹介しています。
プロフィールの詳細やこれまでの活動につきましてはおどりこさいこ(http://saikokino.blogspot.jp)をご覧下さい。

This page is Japanese dancer Saiko KINO 's blog. Sorry, this blog is Japanese.
If you need to more detail of Saiko's work, please check Dancer Saiko page(http://saikokino.blogspot.jp), and click the label.


2017年2月8日水曜日

今後の予定(2017.2.8)

即興音楽とダンスによるフェスティバル(鳥取 夏至祭)始めます。



 木野が鳥取に来て8ヶ月が過ぎました。あっという間です。
 正直まだまだ慣れてはおらず、ここで何ができるか模索をしています。昨年は”Mobius”という作品をChicago Moving Comapnyさんに鳥取に来ていただき、制作しました。が、正直コンテンポラリーダンスの土壌はなく、まずは知ってもらうことから始める必要があるだろうと感じています。
 鳥取にはクラシックバレエのお稽古場が少しあるくらいで、ストリートダンスですら大学ダンス部のみという状態を改善するには、即興ダンスに注目するのが良いのではないかと考えました。私自身の作品は大変暗いですが、即興音楽とダンスのセッションのシリーズは毎回何が起こるかわからないライブ感で面白いと言われます。音楽とのコラボにすることでジャズなどの層に関わりを広げるとともに、参加する人を増やしていきたいと考えています。
 今回は木野の個人で動かせる範囲ということで規模は小さいですが、街中のあちこちを利用して行うことで、住民の興味を引き出し、今後の活動へとつないでいきたいです。また、即興音楽系のワークショップを同時開催することで、この即興系音楽、ダンスを知っていただくことができることを期待しています。

 鳥取は何もない土地ですが(人口も最小県で55万しかいません)、砂丘と美味しいものはあります。あと、場所はあります。
 そのため、鳥取に皆さんにお越しいただき、一緒に鳥取で何ができるか考えていただければと思いました。将来的に作品制作へとつなげていくことも考えて、出会いの場としてこの会が機能することを祈っています。
 今年は無理!という方も多くいると思います。できれば人を入れ替えながら(毎年来るというのはかなり大変です)継続的に行っていきたいと考えていますので、長い目で見て応募してください。正直お仕事ベースにはならない企画です。でもきっと楽しいのではないか。まずはあそぶところからです。 
木野彩子

日時:2017年6月23−25日
場所:まるにわ、HOSPITALE, 風紋広場、とうふビル、三角公園、袋川土手など(砂丘がいいという声もあるが楽器の問題があり現実的ではないと考えています)街中の空きスペースなどを利用して行う観客移動型パフォーマンスを中心に構成。


出演条件:アーティストもまた観客と同等の立場で楽しむための祭りとして作りたいという木野の考え方から交通費補助はあるものの、俗に言うギャラを設定していません。各地からの交通費として関西中部2万円、関東以北、九州3万円を支給。1日目の収益は経費を除いて分割するものの参加者が多いため、それほどの金額にはならないだろうと推測しています。CD販売等を自由に行っていただき、各人の収入を補ってもらいたいと考えています。(車で来る、バス利用、パックツアーやLCCなど安上がりに来る方法を考案して節約していただくのもアリだと思います)宿泊先としてことめや(旅館を利用したアーティストレジデンススペース)の協力を得、木野家と併用することで、宿泊先、費用もかかりません。(延泊については一泊1500円の予定)みんなで牡蠣を食べに来てください。
 残念なことに、野外中心ということもあり、ピアノがないです。それが申し訳ないです。


内容:
23日前夜祭
オービタルリンク形式(中沢れいさん発案)での自己紹介的なパフォーマンスと簡単なセッション
①くじ引きにより3人組を作る
②各自が3分ずつ即興を行う(ダンサーは音楽家を指名したり、CDなど用いても良い)
③その3人でセッションを行う(5分)
1グループあたり14分入れ替えを入れても15分。これで各人の大体のタイプがわかる。
この時相談かくじ引きかで翌日以降の組み合わせを決める
終了後鳥取市内を回りながらパフォーマンススペースを見て回り、どこで誰が行うかを決定する。

24日
        日中:鳥取市内物色、パフォーマンススペースでの作戦会議
夕方ー夜:野外でのパフォーマンス(観客は地図をもらって巡回しながら見て回る)
25日
       市民も含めての即興音楽ワークショップと発表

 遠方の人もいるため25日中に帰路につけるように設定しようと思います。
 もし可能であれば前泊、後泊などの形で鳥取市内をさらに探索してもらうと良いなと考えています。将来的に鳥取でのクリエーションに興味を持ってもらい、滞在制作などへとつないでいくことを目指したいと思っています。

公募要件:
 音楽、ダンス、映像、美術、演劇などのパフォーマンスを行う方。これまで作品制作を何らかの形で行ってきた方。他のジャンル(どんな人が来るかはわからない)とのコラボレーションに柔軟に対応し、面白がれる方。宿泊先、予算などの都合もあり15名程度を考えています。
 鳥取県(あるいは周辺)のパフォーマーも大募集します。このジャンルは参加できるか?などの質問はお気軽にどうぞ。これまで私が関わってきた中では8mmフィルム投影、朗読、ライブペインティングなどがありました。
 運営や企画に関わってくださる方も大募集中です。

参加いただける方は2月末までに
①名前(活動している時の名前)、住所、連絡先などの基本情報
②これまでの活動経歴
③自己 PR
をお送りください。
お待ちいたしております!

鳥取夏至祭 実行委員会 
木野彩子
saiko@rs,tottori-u.ac.jp

0857-31-5130(鳥取大学地域学部附属芸術文化センター)








Amanogawaプロジェクト鳥取編


10月21日地震に遭遇した鳥取県民、しかし落ち着き払っており、大きな混乱もなく、現在はほぼ通常状態に戻ったと言えます。
が、それは本当だろうか。倉吉には今も50人近い避難生活を送る人がいて、ブルーシートで冬は越せるのか?など問題は山積み。
ボランティアセンターに行って話を伺うと、我慢強くシャイな鳥取県民は遠慮してしまって要求やお願いをまず言い出さないと施設の方。「いえ、亀裂入っているんだけれど、大家に倒れてないから大丈夫と言われた」(主婦)「下手に修理頼むと予算が出ないかもしれないから、こういうところ(公民館前)の工事とかは後回しになっちゃうんだよね」(右の亀裂の公民館の方)などなかなかすごいことになっています。死者のでなかった今回の地震。それはなぜか。そして本当のところの被害は実はその亀裂のように後からじわじわ出てくるものなのではないか。(11月15日現在)
少しずつ通いながら撮りためていこうと考えています。




ダンスハ體育ナリの続編について


現在、再来年2月に発表できるように頑張ろう計画が進んでいますが、鳥取大学地域学部の教養科目として「グローバル時代の大学」で1時間担当し、お話させていただきした。

明治期の運動会、体操の変遷をたどりながら、オリンピックまで話を膨らませて「体育」がスポーツへと変わりつつある流れを学びます。
今回はダンス関係者ではないため、大野さんのお話はありませんが、西洋的近代的身体を作り上げるために生まれた体操にフォーカスを当て、日本人の「揃った動き好き」について考える内容を目指しています。


一般の方向けには2017年1月29日ことめや「五感教室」にてレクチャーを予定しています。おそらくシリーズになると思うのですが今回のテーマは明治維新における日本人の身体の変化です。
https://www.facebook.com/events/1285919301485148/

2回目は会場の都合もあり暖かくなってからの予定です。






2017年の予定

11月高知で踊ります。なぜ高知。でも高知。なのでその前に鳥取で作って発表します。

11月女子体育連盟の全国大会が鳥取で開催されます。私は踊りませんが、ダンス部には踊っていただかねばなりません。この裏方で多分私は走り回ります。「ダンスハ體育ナリ」でついているなぜダンスは女子体育なのか、それについての話はまだまだ終わっていないのです。




鳥取夏至祭 公募します!

即興音楽とダンスによるフェスティバル(鳥取 夏至祭)始めます。



 木野が鳥取に来て8ヶ月が過ぎました。あっという間です。
 正直まだまだ慣れてはおらず、ここで何ができるか模索をしています。昨年は”Mobius”という作品をChicago Moving Comapnyさんに鳥取に来ていただき、制作しました。が、正直コンテンポラリーダンスの土壌はなく、まずは知ってもらうことから始める必要があるだろうと感じています。
 鳥取にはクラシックバレエのお稽古場が少しあるくらいで、ストリートダンスですら大学ダンス部のみという状態を改善するには、即興ダンスに注目するのが良いのではないかと考えました。私自身の作品は大変暗いですが、即興音楽とダンスのセッションのシリーズは毎回何が起こるかわからないライブ感で面白いと言われます。音楽とのコラボにすることでジャズなどの層に関わりを広げるとともに、参加する人を増やしていきたいと考えています。
 今回は木野の個人で動かせる範囲ということで規模は小さいですが、街中のあちこちを利用して行うことで、住民の興味を引き出し、今後の活動へとつないでいきたいです。また、即興音楽系のワークショップを同時開催することで、この即興系音楽、ダンスを知っていただくことができることを期待しています。

 鳥取は何もない土地ですが(人口も最小県で55万しかいません)、砂丘と美味しいものはあります。あと、場所はあります。
 そのため、鳥取に皆さんにお越しいただき、一緒に鳥取で何ができるか考えていただければと思いました。将来的に作品制作へとつなげていくことも考えて、出会いの場としてこの会が機能することを祈っています。
 今年は無理!という方も多くいると思います。できれば人を入れ替えながら(毎年来るというのはかなり大変です)継続的に行っていきたいと考えていますので、長い目で見て応募してください。正直お仕事ベースにはならない企画です。でもきっと楽しいのではないか。まずはあそぶところからです。 
木野彩子

日時:2017年6月23−25日
場所:まるにわ、HOSPITALE, 風紋広場、とうふビル、三角公園、袋川土手など(砂丘がいいという声もあるが楽器の問題があり現実的ではないと考えています)街中の空きスペースなどを利用して行う観客移動型パフォーマンスを中心に構成。


出演条件:アーティストもまた観客と同等の立場で楽しむための祭りとして作りたいという木野の考え方から交通費補助はあるものの、俗に言うギャラを設定していません。各地からの交通費として関西中部2万円、関東以北、九州3万円を支給。1日目の収益は経費を除いて分割するものの参加者が多いため、それほどの金額にはならないだろうと推測しています。CD販売等を自由に行っていただき、各人の収入を補ってもらいたいと考えています。(車で来る、バス利用、パックツアーやLCCなど安上がりに来る方法を考案して節約していただくのもアリだと思います)宿泊先としてことめや(旅館を利用したアーティストレジデンススペース)の協力を得、木野家と併用することで、宿泊先、費用もかかりません。(延泊については一泊1500円の予定)みんなで牡蠣を食べに来てください。
 残念なことに、野外中心ということもあり、ピアノがないです。それが申し訳ないです。


内容:
23日前夜祭
オービタルリンク形式(中沢れいさん発案)での自己紹介的なパフォーマンスと簡単なセッション
①くじ引きにより3人組を作る
②各自が3分ずつ即興を行う(ダンサーは音楽家を指名したり、CDなど用いても良い)
③その3人でセッションを行う(5分)
1グループあたり14分入れ替えを入れても15分。これで各人の大体のタイプがわかる。
この時相談かくじ引きかで翌日以降の組み合わせを決める
終了後鳥取市内を回りながらパフォーマンススペースを見て回り、どこで誰が行うかを決定する。

24日
        日中:鳥取市内物色、パフォーマンススペースでの作戦会議
夕方ー夜:野外でのパフォーマンス(観客は地図をもらって巡回しながら見て回る)
25日
       市民も含めての即興音楽ワークショップと発表

 遠方の人もいるため25日中に帰路につけるように設定しようと思います。
 もし可能であれば前泊、後泊などの形で鳥取市内をさらに探索してもらうと良いなと考えています。将来的に鳥取でのクリエーションに興味を持ってもらい、滞在制作などへとつないでいくことを目指したいと思っています。

公募要件:
 音楽、ダンス、映像、美術、演劇などのパフォーマンスを行う方。これまで作品制作を何らかの形で行ってきた方。他のジャンル(どんな人が来るかはわからない)とのコラボレーションに柔軟に対応し、面白がれる方。宿泊先、予算などの都合もあり15名程度を考えています。
 鳥取県(あるいは周辺)のパフォーマーも大募集します。このジャンルは参加できるか?などの質問はお気軽にどうぞ。これまで私が関わってきた中では8mmフィルム投影、朗読、ライブペインティングなどがありました。
 運営や企画に関わってくださる方も大募集中です。

参加いただける方は2月末までに
①名前(活動している時の名前)、住所、連絡先などの基本情報
②これまでの活動経歴
③自己 PR
をお送りください。
お待ちいたしております!

鳥取夏至祭 実行委員会 
木野彩子
saiko@rs,tottori-u.ac.jp

0857-31-5130(鳥取大学地域学部附属芸術文化センター)

2017年1月28日土曜日

各種舞踊表現

各種舞踊表現という集中講義の授業の一環でKentaro!!くんと大野慶人さんにお越しいただく。
全く逆ともいうべきこの2人の舞踊家を招いたのは多様な舞踊文化に触れて欲しいと思ったためであり、世代により、目指すもの、見ているものが全く異なるという予感がしてゆえだった。

30代のKentaro!!からはストリートダンスをベースにした体を徹底的に動かしながらそれぞれの色を見せる振り付け作品をもらい、繰り返し練習していくことで体が変化していく様、心が動く様を体感してもらった。舞台での表現について考えていることやカンパニーについての話からプロとして踊ることへのこだわりや厳しさも見てもらった。

70代の大野さんからは心の動きから身体へとつながっていく様、シンプルな動きゆえの難しさ、それゆえの表現の広がりに触れてもらった。若かりし日の映像や話も含め、20代での一つの出会いがいろんなつながりを生み出し、今の生活、そして表現につながっていることを含め、お話いただいた。

作品の見え方は全く異なるが2人ともに言えるのは命を張って踊り続けているということではないかと私は思う。(特に大野さんはご高齢ということもあり、よくぞ鳥取まで来ていただいたと思う。まさかの大雪で帰れなくなった時には本当にどうしようかと思った)若い世代を育てることに熱心なのも似ている。

芸術文化センターの学生は必ずしもダンスに関わるわけではないが、それでも熱く語る彼らの姿勢から学ぶことは大きかったのではないかと私は思う。

大野慶人レクチャーデモンストレーション

今回の大野さんのレクチャーデモンストレーションは昨年2月に発表した「それはこのようなことだった」における禁色についてのレクチャーをベースにしています。
新しい作品をどんどん作るというだけではなくて、一つのことを少しずつ掘り下げながら深めていくというのもとても重要だと思います。日本の舞台公演って一回やっておしまいになってしまう傾向があってもったいないなと思うのです。ここ数年レクチャーデモンストレーション、レクチャーパフォーマンスという形態が増えていますが、言葉のないダンスの背景を知る上でとても有効な方法だと思っています。舞台公演に限らず広めていくということが大事ではないかと。
日本全国の大学などでこのような試みが広まっていくと良いのではないかと思うので、今回の構成を上げておきます。

第1部舞踏の代表的な作品を映像で振り返る。
舞踏の発生についてのトーク、
土方巽「疱瘡譚」を見ながら土方さんについて、
大野一雄「ラ・アルヘンチーナ頌」初演時の「ディヴィーヌ抄」最後の公演の「鳥(タンゴ)」を見ながら父について、
現在若い世代へ伝えたいとして精力的に活動なさっていることを踏まえ、前日からのワークショップでまとめた学生たちによる作品発表
第2部大野慶人が踊る舞踏の今
土方巽の言葉による振り付け三章
へそと原爆(細江英公監督作品)の上映
うさぎのダンス
アンコール

全く舞踏を知らない人からよく知る人まで学ぶことが多い、充実の内容となりました。これらは慶応大学アートセンター、NPO法人舞踏創造資源、NPO法人ダンスアーカイブ構想などのご協力によるものです。また、金光さん、溝端さんといったご家族のご協力あって実現した企画でもありました。皆様ありがとうございました。

言語化しきれないダンスの世界はやはりその場所にいて共有しなければ伝えることができません。地方都市(鳥取は都市とも言えない)ではなかなか出会うこともないのでそれを作ることから始めていかねばと思います。

昨年2月大野さんといっしょに作ってた「ダンスハ體育ナリ」も分割しながらちょっとずつ深めていこうと思います。

2017年1月10日火曜日

KENTARO!!登場

各種舞踊表現という授業の一環でダンサー振付家のKENTARO!!さんに鳥取に来ていただきました。忙しいはずなのですが、ありがたい限りです。
鳥取大学芸術文化センターは超少人数(しかも皆がダンサーを目指しているわけではない)なので、贅沢なワークショップとなりました。ついでにダンス部の皆さんにもちょっとレベル上のクラスを行っていただき、3日連続。私もかなり勉強させていただいた感じです。

ストリートダンスを元々していたところから自分らしい表現を求めてコンテンポラリーのジャンルに流れてきたこと、これまでやってきた演劇や音楽が作品の中に生かされていることなどいろんな話をしてもらいました。14の頃からクラブなどで踊るようになり、当時一緒に踊っていた仲間たちには今第1線で活躍している人もいるとのこと。それぞれの道で磨き続けてきた結果、それぞれの道で生き延びている、評価されるようになっているということで、それだけ没頭していた時代があったからこその今であり、その基礎をしっかりやる時はやっぱり必要なのだろうと私は思いました。

個人的にはこの人カンパニーを育てるのがえらいなあと。
(当たり前なのかもしれませんが、私はそういう団体を持たないので、尊敬してしまいます)自分に厳しくメンバーにも厳しそうですが(かなり)でも一緒にグループを作り、一緒に生き延びていこうという覚悟みたいなのが見える人です。作り方とか考え方的には私は真逆なので、頭が上がりません。(これは初めて会った2008年くらいの頃からずっとそう思っています)

最後に即興で踊ってもらったのですが、最後のが一番よかったなあと。
多分ボキャブラリーもたくさんあるのだけれど、それを超えちゃったところにある自由さ。ストリートダンスは型がかっちりしていて、それが入っていてこそなのですが、最終的にはその領域に行くべきもので、型を超えるものではないか。守破離を思い出しました。
ストリートとクラシックバレエは似ているとも。私もそう思います。
基本的にこれすごいでしょ!を見せるもの。でその中にある表現。でも本当にすごい人はそこを超えて表現が見えてくる。
いいものを見させていただきました。

私も頑張らなきゃです。

2016年12月31日土曜日

2016年

2016年
今年は大きく変化する一年でした。
鳥取へと移住することになり、多くの人に出会いました。
そしてそんなに必然的にはなれることになる人も出てきます。それでもまたいつか出会うものと思っています。今年の作品"Mobius"は様々な人の縁がずっと円を描いていて、つながることなく、しかしお互いに影響しあいながらあり続ける星の様な作品でした。いのちはいつかつきますが、大きな流れに押し流されながらもその気配とともにあり続けていくことを作品が進化していく過程で見てきました。この作品は今から5年前に作ろうと思っていた作品のエンディングに考えていた構想と昨年のソロをもとにしています。生き続けるとこういうこともあるのかと実感します。

大学での仕事はまだまだ慣れず、先生方にご迷惑をおかけしています。もしかしたらずっとなれないままなのかもしれません。なにぶん私は半年後くらいまでのことしか考えることができないで生きてきました。5年後10年後を考えて生きて生きたことがないということも今年初めて知りました。どこまで勤めていけるのかしらと思いながら、とにかく一生懸命進んでいくだけです。

鳥取大の前任佐分利先生より、ぽろぽろと話していた作品制作の流れを文章化しなさいと言われ、おそらくそれは今後やっていく必要があるだろうと考えられました。というのも、自分の言葉で自分の踊りを語ることができる人が少ない。それがたとえ支離滅裂に見えてよくわからなくとも、それでも何か、そして誰かの手がかりになるかもしれないため、やはり記してみるべきではないか。

昨年の項目を読み返してみると

「一生が全てつながっていてそのまま作品みたいと思う。
一つの論文というのはあまり重要でなくてその積み重ねていった結果として見えてくるものであり、そのうちのひとしずくに過ぎない。さらに自分は大きい宇宙のお星様の一つで(柳宗悦は微塵という)いてもいなくても、してもしなくてもあまり差はなく、しかしたくさんもらってしまった愛情のお返しとして一瞬光ってみようかとする作業だなあと思いました。(あ、アマノガワだ。)私の作品は気がつけば全てつながっていて、この論文も拙いなりにつながっていて、死ぬ時までの(もしくはもっと先への)予言の書みたくなっていくのだなあと思うのです。」

と書いていました。
修士論文はまだ3分の1くらいしか公開されていないですが、確かに予言の書のようになっており、修士実技(そんなものはないのですが)であった「ダンスハ體育ナリ」と合わせてこの5年位で私がしなければいけないことを語っているような気がします。
修士論文を書いていく過程で私は、物事に「必ず正しいはない」という当たり前のことを知りました。政治や報道や様々な力関係で常に「正しい」や「良い」の概念は変わっていきます。一作家として時代の流れを感じ、おかしいと思った時には警告する。それが役割だとすれば文章で書くか作品にするかの違いでしかなく、研究者であり振付家である立場として双方から行っていくべきだろうと考えました。

「ダンスとはなんなのでしょう」と学生が聞きます。
「既成のダンスにとらわれず新しいダンスを作るのですよ」と私は答えます。
「ダンスとはあくまで手段であって、そのもとに何を明らかにしたいかがあるはずです。身体を使ってそれを考え、どんな手段を使っても最終的に表現すればそれでいい。」

明らかにしなければならない何かがなければ何も生まれない。
生み出す必要がない人はそのままで構わない。
その方が幸せなこともある。
それでも表さねばならない人のために芸術というものはあるのだということにも気がつきました。世の中が成熟し、皆そこそこ自由かつ豊かな生活を送れるようになり、それでも満たされない何かを感じているから、皆何かを表現したい。でも本当に人の心を打つようなものは切実に訴えかけるものである必要があり、何らかの犠牲を払わねば出来上がらない。それでも訴えねばならないものがあるだろうか、それが作家となるかならないかの境目ではないかと思いました。

得るものと失うものはほぼ同数。

また一年年をとります。多くのものを得、また失います。それでもまだ生きていく。そんな2016年でした。
心穏やかに健やかに。また良き年となりますように。
木野彩子




各作品の詳細は載せませんがまず、簡単に箇条書きにて。各作品の詳細はこのHP上のラベルで検索してみてください。http://saikokino.blogspot.jp

また大学に務めることになったのを機にウェブページを作りました。全作品は網羅できていませんが、こちらも是非ご覧ください。木野による作品解説項目を作りました。https://saikokino.jimdo.com

◎作品

ダンスハ體育ナリ@TPAM ダンスアーカイブプロジェクト BankART studio NYK 3Fホール

Mobius 鳥取@HOSPITALE(旧横田医院)

Mobius 東京@求道会館
 En attendant,,,,,
Mobius シカゴ@Hamlin Park Theater
 About Rachel

   
◎音楽とのセッション
音楽とダンス、ハーブの時間@森のテラス(東京)
 ピアノ:池田千夏、ハーブ:ジプシーカフェ葉花(八代真由美、金子優子)

Sound and Cultivation@レストランCultivate(三重)
 音楽:大岡英介、Ryotaro、映像:仙石彬人、ダンス:阿竹花子

◎その他
修士論文「コミュニティダンスの歴史的原点と概念の再構成に関する研究〜日英の現状からみたプロモーション再考のために〜」

第1章、第2章分を再構成して「コミュニティダンスの日英の現状から見たプロモーション再考」として鳥取大学紀要に載せました。

SPAC enfant ANGELS 振付アシスタントワーク
 2年の時を経てメルランニヤカム氏と静岡の子供達のアフリカンコンテンポラリーダンス作品が完成しました。(昨年はワークインプログレスとしての公演でした)前編タカセの夢から7年。今年は大学との掛け持ちでなんとか乗り切りましたが、ここからは子どもたちに委ねていきたいと考えています。